今日は『ゴドーを待ちながら』というイギリスの劇作家ベケットの戯曲を紹介します。

ゴドーを待ちながら2

たまに宗教学で扱われるもので、今後引用して使用するかもしれないので、ここで紹介させていただく。

観客が怒り当惑した演劇

ゴドーを待ちながら

『ゴドーを待ちながら』という戯曲(サミュエル・ベケット作、1953年初演)は、二人のホームレスがひたすら「ゴドー」という人物を待っているだけというユニークな作品である。二人はゴドーを待っている間、暇つぶしのような会話をひたすら繰り返す。途中でポッツォとラッキーという二人組の男がやってくるが、状況を変えることなく去っていく。少年が現れ、「ゴドーさんは、今日は来られません。明日は来ます」という伝言を残す。2幕目もほぼ同じような筋である。ゴドーはいっこうに来る気配もなく、あまりに退屈なので二人は首をつろうとするが、うまくいかない。「何も起こらない、それが2度(2幕)」と評され、フランスでの初演時には怒りと当惑をもって受け止められた。

「ゴドーは誰?」という問い

二人が待つ「ゴドー」とはいったい誰なのだろうか。
ゴドーのつづり「Godot」が「God」に似ていることから、当初からゴドーは神ではないかという解釈があった。ゴドーが来ないということは、「神が人間を見放している」ことを表しているという見方だ。

一方で、ゴドーを「死」だと考える人もいた。「生きるということは、死がやってくるまでの気晴らしに過ぎない」という死生観を表しているという解釈。20世紀の有名な思想に「人間が存在しているとはどういうことか」を考える実存主義があるが、それを背景にこの作品が生まれたと考えると、この解釈も妥当なように思われる。

一つに決められない「ゴドー」

しかし、どれか一つに決めた瞬間、「それだけではないのではないか」という思いもわき上がってくるのがこの作品の魅力である。私たちは何かの芸術作品を目の前にしたとき、その意味を見出そうとする「癖」がある。「ゴドー」はその癖を私たちの目の前に突きつける装置のようなものだとも考えられる。

『ゴドーを待ちながら』は、人間が意味を求める行為そのものを問い直している可能性があるのだ。

意味を求める人間の癖

人間は常に意味を求めてしまう癖がある。
また、意味を想定して行為していると、当然その行為の前提が実在し始める。

例えば、『ゴドーを待ちながら』では、下記のようになる。

待ってる人がいると、待ち人が実在し始める。
・待っている人(待つという行為)
・待ち人(待つという行為の前提/意味)

また、この原理で言うなら、「修行僧が悟りを求める(行為)」から「悟り(結果)」が実在し、「神に祈る神父」がいるから、「神」が実在するのだという事になる。これは「幸福」、「善」や「徳」でも同じだ。

「人生の意味」、「価値」「賢さ」「美しさ」なども人間の意味を求める行為の結果に他ならず、それを求める人がいて初めて実在するものだと考える。

ここでの悟りや神に関する詳しい言及は避けるが、宗教全般の構造を捉えるのに役立つと思い、今回ベケットの作品を紹介させていただきました。
ではまた。

Waiting for Godot