ライフゲームとは

ライフゲーム(Conway’s Game of Life)は、1970年にイギリスの数学者 ジョン・コンウェイ(John Horton Conway)によって考案されたセル・オートマトンである。

Illustration of a 2D cellular automaton. (a) The two dimensional ...

セル・オートマトンとは、格子状のセルと単純なルールによる、非連続的(デジタルな)計算モデルである。セル=細胞オートマトン=カラクリ/自動機械とそれぞれ翻訳される。

ライフゲームでは、初期状態のみでその後の展開が決定される。一般的なゲームのように競技者がいないので、ゼロプレイヤーゲームと呼ばれる。

セル(生命)の集団が誕生、増殖して繁栄し、やがて淘汰され衰退していく様を、極度に単純化したモデルと考えることもできる。その美しさと儚さから、哲学的、物理的な深淵を覗かせてくれることで、数多くの人を魅了してきた。

 

ライフゲームのルール

ライフゲームは、基本的に「生」と「死」の2つの状態しかない。そのルールは、非常にシンプルだ。

各セルの生死は、近隣の8つのセルによって、次のルールによって1ターン毎に決定される。

ライフゲームの基本ルール
誕生 生存(維持) 死(過疎) 死(過密)
Game of life 3x3 cell arises.svg Game of life block with border.svg Game of life 3x3 cell dies2.svg Game of life 3x3 cell dies1.svg
誕生
死んでいるセルに隣接する生きたセルがちょうど3つあれば、次の世代が誕生する。
生存
生きているセルに隣接する生きたセルが2つか3つならば、次の世代でも生存する。
過疎
生きているセルに隣接する生きたセルが1つ以下ならば、過疎により死滅する。
過密
生きているセルに隣接する生きたセルが4つ以上ならば、過密により死滅する。

※上の図は例。中央のセルにおける次のステップでの生死を示す。生きているセルは■、死んでいるセルは□。

非常に単純化されたモデルであるが、生命現象、結晶の成長、乱流といった複雑な自然現象を模した、驚くほどに豊かな結果を与えてくれる。

 

ライフゲームの動画シリーズ

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 1』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 1

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 2』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 2

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 3』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 3

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 4』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 4

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 5』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 5

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 6』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 6

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 7』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 7

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 8』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 8

 

『THE RECURSIVE COSMOS: Conway’s Game of Life – PART 9』

THE RECURSIVE COSMOS: Conway's Game of Life – PART 9

 

ライフゲームの哲学的考察について

Evolution - Saints Biology

ライフゲームで、生物が自己複製や自由意志を考えられる(自分で自分の存在を考察する余裕ができる)レベルを想定すると、一部の人には哲学的な論題が生じてくるようである。

例えば、人間の場合、自己認識が必要以上に発達しており、対自関係を持つ点などが議題に挙げられる。

Evolutionary Psychology Applies to Everyone | Psychology Today

対自関係とは、観察と思考の対象として自分自身を捉えることで、要するに自分自身を制御したり省みたりすることだ。(対他、対物の関係と共に語られる。)

人間の尊厳を、意識の対自関係やそれに伴う自由意志に求める人もいる。(例えば、デンマークの哲学者キルケゴールなど)

しかし、そこには人間の立場を過分に主張したいことから、とても複雑な議論もあるようだ。

 

8 Bit Buddha" by MoMoJaJa | Redbubble

ただ、筆者の意見を端的に述べれば、自分や種の保存(生物の所与の条件)に有利な行動を取れるよう、生活や実践に役立つよう(プラグマティスティック)に抽象的な概念など(形而上学)を利用するのがいいと思う。

自由意志の場合、自由意志があると仮定がした方が、責任ある行動を取れることがある。そういうシーンであれば、科学的に証明されないにしても、あると仮定した方が有益だろう。

また、自由意志があると信じること自体が、自由意志を持つために必要な条件のひとつだと思う。自由意志が存在しないと信じることは、その信念による自由で責任ある選択が実際にできなくなってしまうからだ。

 

Is God Useful? - 8-Bit Philosophy - YouTube

これは神に関しても同じである。神の存在は神を信じることが条件である。また、神の存在が証明できなくても、それで絶望していた自分に元気が出て、他人に迷惑をかけないのであれば信じるに越したことはないのかもしれない。

ちなみに仏教でも、このような形而上学的な問題には、有るとも無いとも言わない態度(無記)をとる。その両極端な態度を排し、偏らずとらわれず、執着しない姿勢(中道)は、哲学面のみならず実践面でも有用であると考えられている。

 

最後になるが、ライフゲームの美しさは、様々な考察を掻き立てるところにあると思う。

少し脱線してしまうが、筆者はある程度、美→善であると考えている。善とは自分や社会を長期的に利するものであり、それは常に他者の視点への想像力を必要とする。美は、端的に自分を一時的に利するものであるが、芸術など他者や外部のフィルターを通すことにより、別の視点に立つ想像力を養う側面もあるじゃないかなと思う。

ライフゲームは、我々を大いなる神の視点へ導く可能性があるかもしれない。(←最後ホメ過ぎ笑)